Waltz for Debbyのハイレゾ音源まとめ

ハイレゾ音源としては、Universal Music、HDtracks、Analogue Productionsの三種が存在することになります。(2014年現在)

配信の2種は容易に手に入ります。

e-onkyo music FLAC
WAV
192kHz/24bit 配信先リンク

リマスタリング:不明。米コンコード社で2010年にオリジナル・アナログ・テープより変換。
ユニバーサル ミュージック発売のSACDと同じマスター。

HDtracks AIFF
ALAC
FLAC
WAV
192kHz/24bit
96kHz/24bit
配信先リンク
リマスタリング:Paul Stubblebine
(Keith JohnsonデザインのPacific Microsonics社のコンバーターを使用)
HDtracksからの購入にはプロクシVPNを使用して、アメリカからのアクセスに偽装する必要あり。
SACD(Universal Music Japan) DSD 2.8MHz
リマスタリング:不明。
米コンコード社でオリジナル・アナログ・テープより変換。
国内盤。
前述のe-onkyoで配信しているPCM 192kHz/24bit をDSDコンバートとした音源。
SACD(Analogue Productions) DSD 2.8MHz
リマスタリング:Doug Sax
Analogue Productions製の海外盤。
AP製のSunday at the Village VanguardDSD配信してます(リンク)が、
Waltz for Debbyは配信していません。

Universal MusicとAnalogue Productionsの比較レビューはこちらでされています。

Bill Evans Trio / Waltz for Debby [Hybrid SACD Analogue Productions] [SHM-SACD Universal]

 

比較レビュー!…といきたいところですが、私はUniversal Musicの音源を持っていません。

ハイレゾ音源を聴くシステムもiPhoneでして。。。

Universal盤を手に入れる余裕ができたら、3種を比較しようと思います。

 

余談ですが、私は以下の3種をよく聴いています。

・Analogue Productions

 通勤時によく聞きます。カラッとした音で目が覚めます。

 環境音もComplete~ほどではないですが聞こえます。

・XRCD (DSD128/5.6MHzに変換)

 帰宅中によく聞きます。

 ピアノとベースにしっとりとした温かみを感じます。

・Complete Live at the Village Vanguard

 楽しみたいときやノリノリでプログラムを書くときはこちら。